特徴について思うこと

私には脊椎側弯症という身体の特徴があります。

小学校低学年の時、健康診断で指摘を受けのがきっかけでした。
その後大きな病院で検査を受けたところ、脊椎側弯症という診断を受けました。
普通の生活を送るには問題はないとのことでした。

それから毎年側弯症の通知を健康診断で受けています。

わかっていても治せない辛さを感じたこともあります。

骨が歪んでいるので、肋骨の位置なども違うのが、自分の目で見てはっきりわかります。

ですから、私はずっと正しいアーサナをとることができません。

背骨が歪んでいるおかげで、身体が柔らかそうに見えたり、実際に動かしやすいところもあります。

歪んでいる。という事実に少しむなしさが襲ってくることもありますが、それ以上にBORN TO YOGが好きなので練習をしています。

例えば私のように何かしら気になる方がいるかもしれません。

でも、自分の好きという気持ちが1番大切なはずです。

また、あなたにしかわからない
自分の価値観、美的感覚、在り方も大切です。

そして、超上手くても、上手くても、超下手でも、下手でも、何の問題もありません。

レッスンでは、あなたを尊重したいし、自分で大切なことを見つけられるようになるためにも、思いきり練習してくれたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です